ナレッジマネジメントツールを使えば知識を共有化できます

TOP > ナレッジ マネジメントのツールについて > ナレッジマネジメントツールを使えば知識を共有化できます

ナレッジマネジメントツールを使えば知識を共有化できます

企業内で知識を共有していくことは非常に大切です。
例えば、現場で得てきたノウハウを経営陣にも分かってもらえることが出来れば今後の事業の運営方法もずっと効率的に良くなります。
また優れたスタッフが高い成果を出しているときに、彼らのやり方を皆で共有することが出来れば、全てのスタッフの効率が大きく上がります。
こうしたノウハウは別の言い方をすればコツやカンという言葉で表されることがあります。
こうしたものは長い年月、その業界にいた人が少しずつ理解して知識や経験として得てきたものでした。
このようなものはなかなか人には伝わりにくいものです。
文化的にもこうした知識的なものは長い時間をかけて少しずつ理解するものだという意識もあります。
ですが昨今では最新の技術を使っていくことで効率的に伝える方法が模索されています。


ナレッジマネジメントとはこうしたコツやカンといった知識を皆で教諭するための方法です。
例えば優秀な営業マンがいたとしましょう。
彼の成功方法をマニュアル化して皆で共有してみてはいかがでしょうか。
マニュアルを作ることが出来れば、他のスタッフも彼の真似が出来る様になりますので、営業の効率が上がるかもしれません。
また、過去に失敗した案件をまとめておくことも大切です。
過去の失敗談を読んでおけば、今後の人は同じ過ちを繰り返さないように勤めることが出来るでしょう。
こうした知識を皆で共有しておくことが出来れば、事業の効率性は大きく向上します。
成功の知識を得ておけば成功率が上がりますし、失敗の知識を得ておけば失敗率を下げることが出来ますのでありがたいですね。
ではナレッジマネジメントはどのようにして導入したら良いでしょうか。


こうした知識を共有するためにはITを使った技術は欠かせません。
アナログ的なやり方ですと、情報に触れることが難しくなります。
例えば紙で情報を保存するやり方だと、どこでも見れるものではなくなりますので、なかなか目を通さなくなってしまいます。
そこでもっと簡単に見れるようにするためにITを使ったやり方が主流です。
ナレッジマネジメントには様々なツールが使われています。
社内SNS、ファイル共有、グループチャット等多くのネットサービスがこうした作業に向いています。
どれを使っていくかはそれぞれの企業ごとに違ってくるでしょうが、こうしたサービスの便利なところはいつでもどこでも利用可能な点にあります。
これならば全員が簡単にノウハウを共有できますので、スタッフの能力向上が期待できます。