ナレッジマネジメントツールの比較

近年、企業経営においてナレッジマネジメントの重要性が提唱されるようになりました。ナレッジマネジメントとは、直訳すれば「知識の管理」という意味であり、これまで特定の部署やビジネスパーソンが独自に保有していた知識やノウハウを、企業全体のものとして共有することを指します。

企業がナレッジマネジメントに容易に取り組めるよう、最近では専用のツールが数多く開発されています。これらのツールは様々な機能を備えており、代表的なものとしては、個人の予定を共有できるグループウェア機能や、顧客管理や案件の進捗管理が行えるSFA機能などが有名です。

当サイトでは、様々なナレッジマネジメントツールを、それぞれの機能を比較しながら紹介しています。ツールによって搭載している機能や得意分野が異なるため、自社にどのツールを導入するべきか検討する際にお役立てください。

住友電工情報システム

おすすめ度 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはこちら

個人に帰属しがちな情報を企業全体で共有し、有効活用したい時に適したベンダーです。住友電工情報システムでは、QuickSolutionという高品質のナレッジマネジメントシステムが提供されており、このツールを導入することで、蓄えられたデータを効率的に利活用できます。

1台のPCサーバーで、およそ50TB、1億2千万ファイルものファイルサーバーを、高速かつセキュアに検索できます。まさにビッグデータ時代に相応しい、純国産の企業内検索ツールです。

住友電工情報システムでは、QuickSolutionのデモサイトも用意しており、有効期限1か月のIDやパスワードを申し込むことで、優れた機能や特徴を実際に確かめられるようになっています。

大塚商会

おすすめ度 ★★★★
顧客満足度 ★★★
サービス度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★
公式サイトはこちら

大塚商会ではナレッジマネジメントのためのツールを用意しています。商品ラインナップは一般的な企業よりもはるかに豊富に揃えています。大手企業としての十分な販売経験を生かして、顧客の要望に柔軟に対応していくことが出来ます。

会社経営で悩みがあってもなかなか専門の知識を得ることが出来なくて困っている人は多いでしょう。大塚商会では全国で多数のセミナーを行っています。何か分からない事があっても、セミナーに行けば何かしらのヒントが得られるかもしれません。

大塚商会のITソリューションは多数の企業で導入されています。実際の導入事例を多数掲載していますので、自社で使えるのか悩んでいる企業も安心です。具体的な事例があるので、自社でも生かせるのかイメージしやすいです。

Zendesk

おすすめ度 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス度 ★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはこちら

顧客情報は各担当者のみが独自に管理することが多く、営業ノウハウなどもそれぞれの担当者が表に出さないケースがあります。Zendeskのナレッジマネジメントができるツールでは顧客関係に関わる情報の共有化を進めやすくしてくれます。

従業員のトレーニング行うとき、いかにそれぞれの従業員の能力を把握して適切なモジュールを提供するかが大事になるでしょう。Zendeskのナレッジマネジメントツールはそれぞれの従業員に合ったオンラインモジュールを提供しやすくしてくれます。

製品を販売する会社では、販売する社員も製品情報を知る必要があり、利用する顧客も使用方法などを知らなければいけません。Zendeskによるナレッジマネジメントツールでは提供する製品の内外の情報を管理できる仕組みが用意されています。

株式会社日立ソリューションズ

おすすめ度 ★★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはこちら

ナレッジマネジメントのためのツールを販売しており、最新の技術を駆使した手法で、今までよりも効率良く多くの知識の共有が可能になります。こうした場を作っていくことのお手伝いが出来ます。

実際にどこまで効果があるのか、いま一つはっきりしないため不安に思う方もいるかもしれません。株式会社日立ソリューションズでは過去の事例を多数紹介しております。こうした具体例を見れば、自社にどう役立つのかイメージできます。

既に多種多様なサービスを低端することが出来ます。そのため、自社の都合に合わせて、グループウェアやワークフローシステム維持の運用にかかる負担を提言するための提案をしていくことが出来ます。

東芝デジタルソリューションズ株式会社

おすすめ度 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★
情報量 ★★★
公式サイトはこちら

ナレッジマネジメント用のツールにいくつか種類があり、好きな物を選んで購入できるというメリットがあります。必要な製品だけを導入する事で、出費を抑える事が可能です。

導入支援や基本保守など様々なサービスを行っている点が特徴的で、満足度の高さで選びたいという人にピッタリです。しっかりサポートしてくれるので、購入した製品を上手に使えるか心配だという場合でも安心できます。

製品に興味があればサイトでカタログをダウンロードできるので、その場ですぐに詳細な情報を入手したい人も満足できるでしょう。カタログの取り寄せに必要な時間を節約できるため、できるだけ早くツールを導入したいと考えているときにピッタリとなっています。

みずほ情報総研

おすすめ度 ★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★
公式サイトはこちら

企業における学習速度のスピードアップと深化を提唱しており、それによるイノベーションの成功へ向けたナレッジマネジメントの導入支援が提供されています。システムやツールを導入しただけでは満足できる結果を得られないことも多く、それを打破すべく用意されたコンサルティングサービスです。

ソフトやハードに頼りきりとなるのではなく、みずほ情報総研の導入支援コンサルティングでは、それらを実際に使用する人にも焦点が当てられています。その「人中心」といった着眼点とアプローチにより、従来の手法では上手く機能しなかった情報の共有やその流れをスムーズにし、効率性を高める方法が提供されています。

ツールと施策を適切に組み合わせる新しい時代のナレッジマネジメントについて、さらに詳しく知りたい時は、サイト上のフォームから問い合わせられます。また、電話でも受け付けられており、その場合は経営・ITコンサルティング部が担当です。

企業内のナレッジ情報を集約して活用

企業には小さい会社もあれば100人ぐらいの中堅企業、そして数千人以上ある大企業、さらにグループ会社等との関係もある会社などがあります。非常に小さくて数人規模の会社であれば、個々の社員が持っている情報はそれなりに共有されているでしょう。誰がどの仕事をしていてどんな情報を持っているのか、技術や知識を持っているかなども何となくわかります。しかし一定規模になってくると人で管理をするのが難しくて部課など組織で管理するようになってきます。となるとここでどんな情報があるのかなどはあまり公開されず、社内において必要な情報が必要な時に取れないなどの問題も起きやすくなってくるでしょう。せっかく社内に情報があるにもかかわらず、コストをかけて調べたり外部から情報を仕入れるケースもあるかもしれません。

ナレッジマネジメントツールは企業内の技術や知識を統括的に管理するための仕組みです。これまで社員が個々に持っていたナレッジ情報をツール内に登録して管理をし、それぞれの社員が必要に応じて使えるようにしています。社内にある情報を共有化できれば、社外からわざわざ新たに調達することはなくコスト削減に役立てられるでしょう。新商品を開発するような会社であれば、社内にある情報が開発に役立てられるときもあります。こちらに関しても開発コストを削減できるメリットがあります。もちろんわざわざツールを用いなくても表計算ソフトなどで情報をまとめればいいとの意見もあるでしょうが、専門のツールだと登録や検索などがしやすくなっているので、運用コストが削減できたり活用の幅が広がるメリットもあります。

社内において使われる知識や技術がナレッジマネジメントツールで管理されるようになると、単に技術そのものの情報だけでなく利用履歴や事例などの情報も残ります。表計算ソフトなどで情報を管理すると、情報そのものは表計算上に残されますがそれを利用した履歴であったり、利用した結果などが残されません。同じようなナレッジ情報があるとき、過去の履歴や利用例があれば、それを元にどのナレッジ情報を使えばいいかの判断材料に使えるでしょう。ナレッジマネジメントツールのいいところとして、複数のナレッジ情報同士の関連化などがしやすい点が挙げられます。最初に登録されたときは関連性が無くても、利用者が同時に別の情報を使ったときに関連付けされ類似情報の検索がしやすくなります。より業務に活用しやすくなります。