担保の活用方法

一般的に、不動産を取得するにあたって居宅を購入するような場合は現金一括で購入することが出来る人は殆どいないでしょう。
ですから、その多くはローンを組んで居宅を購入することになります。
およそ30年前後の長期ローンを背負うことになりましたが、これで自分たちもひとつ資産を残してやることが出来ると嬉しい喜びの瞬間であります。

しかしながら人生何が起こるかはわからないものです。
住宅ローンを組む際に、その当時の仕事がずっと出来ると思って組んでしまうと痛い目を見ることもあるといえます。
ある程度の余裕と返済計画、そして長期的な家族計画と資金計画を持って住宅ローンを契約することが重要です。
なぜならば、住宅ローンは住宅購入に利用するローンであることは間違いありませんが、その購入の際に利用した住宅を担保としてのローンとなります。
つまり、住宅ローンが払えなければ債権者となる銀行に差し押さえられて、自分の資産ではなくなってしまうのです。

その時、払えなくなってみすみす失うぐらいならば任意売却を検討することもできます。
任意売却であれば、競売にかけられるよりも有利な条件で不動産売却を行うことが可能となります。
よって、任意売却のほうが競売によって得られる売上よりも高い売上となることが期待できます。
そうすることで、ローンを始めとした債務の残りである残債を綺麗にすることすらも可能となる可能性がほんの僅かながら、あります。
残債の完済が達成できなかったとしても、任意売却で換金するほうが競売よりも高く売れるわけですから、残債が減ります。

ですから、諦める前にどうせ失うならば、有効利用することを考えるのがセオリーだといえます。

OUT LINK

任意売却のことならななでも相談できる@再生支援センター
東京で住宅購入をお考えなら@住宅ローン借換え相談モンキー
注文住宅に関するご相談は、埼玉県の/リソーケンセツ
住宅ローンを抱えている方必見[住宅ローンが払えないときに読むサイト]
任意売却を大阪でするならここにしましょう!:サードアイ